ペンギンパパ・プロジェクト~産後うつのママをサポートしよう!

by Fathering Japan 日本助産師会

ママとパパの体験談

産後うつになったママの体験談

産後ハイの後、産後うつに。パートナーへの想像力と共感を

妊娠中は、妊娠・出産オタクでした。とにかく出産をゴールに頑張っていたという感じです。1時間くらいで赤ちゃんをつるんと出産でき、産後は とにかくハイテンション。退院した日にベビーマッサージをしたり、夜中に散歩に出かけたり……。体はあちこち痛いのに、体の痛みに自分自身が気づいていま せんでした。

 

夫の育休は2日間。会社の同僚は「奥さん出産したんだったらヒマだよね。飲みに行こう」という感じでした。

 

おかしいと気づいたのは、産後4カ月目の頃でした。それから約4カ月間、産後うつが続きました。起きられない、手足がしびれる、嘔吐……。精 神科に行こうか、心療内科に行くべきか、でも母乳育児をしているので、投薬はイヤ……、あれこれ悩みながら、電話番号を調べるタウンページが重くて持ち上 げられない。たくさんの思いが募ってたくさんしゃべりたいのに、夫が帰ってくるとしゃべれない。腱鞘炎になって、赤ちゃんを抱っこするのも苦痛。母乳育児 への執着があり、結局診察も受けませんでした。

 

その時の夫は、腫れ物に触るような感じ。夫のせいいっぱいのほめ言葉は「赤ちゃん、かわいいね」でした。でも、その言葉自体が、私にはしゃく にさわる……。夫はかわいいその瞬間しか見ていないくせに、と。今思うと、子どもにではなく、私自身に声をかけて欲しかったのだと思います。耳鳴りがし て、涙が止まらず、死にたいとまで思うようになりました。

 

産後8カ月の時に、産後のボディケア&フィットネス教室に参加。自分の言葉で話すこと、自分にお金をかけること、子どもを短時間ずつ預け仕事を始め、少しずつ産後うつから治癒していきました。

 

第2子の時には、第1子のときの教訓から、お金を使ってサポートを受けました。第3子の時にはたくさんの人に支えてもらい、とてもステキな産後生活を送れたと思います。

 

男性のみなさんにお願いしたいのは、家事・育児万能であるよりも、パートナーに対する想像力と共感を持って欲しいということ。夫婦二人だけで乗り切ろうとしないこと。風通しのいいパートナーシップを築きあげていって欲しいということです。

▲ページTOPへ