さんきゅーパパプロジェクト

経済支援の概要書

 

さんきゅーパパが、受けられるサービスを確認しよう(zip)

プロジェクト名
さんきゅーパパプロジェクト(パパ産休推進プロジェクト)
主催
NPO法人ファザーリング・ジャパン (http://www.fathering.jp)
経済支援の財源
個人・企業・団体からの寄附金、企業等に対するモニター料・現物・サービス給付や割引など
募集期間
2010年3月9日~2011年3月31日
運営期間
2010年4月1日~2011年3月31日
目標人数
経済支援のうち資金受給者として50名を目標とする
経済支援の受け手
2010年4月1日以降、産後4週間~8週間までに育児休業を取った父親
(産後8週間以内に、4週間以上の育休を取得した父親)
受給資格
2010年4月1日以降、産後4週間~産後8週間までに育児休業を取った父親
(産後8週間以内に、4週間以上の育休を取得した父親)
年齢・所得制限なし
ただし、ホームページにアップされているe-ラーニングを受講すること
個人申請書類
(申請書)

本人を証明できるもの(免許証・パスポート)
e-ラーニング受講後に書いた父親の作文「私が育児休業を取得する理由」
会社へ提出した「育児休業申請書」又は会社からの「育児休業取扱通知書」の写し

★申請者全員にもれなく「さんきゅーパパ・スターターキット」をプレゼント!

審査
当プロジェクトからの資金提供については、申請書類を加味し審査委員会で優先順位を付けて実施する。
上記以外の経済支援については、必要に応じて審査を実施する。
個人報告書類
(育休終了後)
出産を証明するもの(母子手帳のコピー)
育児休業給付金支給決定通知書
父親から子どもへの手紙「二十歳の君へ」
給付開始日
現物・サービス給付の場合:申請後、商品サービスを選択し、事後報告書類受領後、支給日通知。
資金の場合:事前申請による審査を踏まえ、事後報告書類受領後、支給決定し、支給日通知。
※現物・サービス給付か資金給付かは申請者が選択することができます。
申請書類をさんきゅーパパ事務局が受領次第、どちらを選択するかご連絡いたします。
運用報告
1年に1回。HPなどで報告。また寄付者・給付者を集めたイベントを開催。
寄付金振込先

<三菱東京UFJ銀行>
千駄木支店 普通口座:0105663 

口座名義:さんきゅーパパプロジェクト
<ゆうちょ銀行>
〇一九店(019)当座口座:0374156 

口座名義:NPO法人ファザーリング・ジャパン
(振替口座番号:00100-1-374156)

申込法及び詳細

http://www.fathering.jp/sankyu/

申請書ダウンロード(PDF)

 

さんきゅーパパプロジェクト概念図(クリックすると拡大します)

さんきゅーパパプロジェクト概念図

さんきゅーパパプロジェクトとは

経済支援について

e-learning

シンポジウム

育休首長とトーク

さんきゅーメルマガ登録

さんきゅー賛同人一覧

協賛企業・団体一覧

イクメンプロジェクトサイト

サミットネットスーパー

Fathering Japan(ファザーリング・ジャパン)イクジイプロジェクト