さんきゅーパパプロジェクト

さんきゅーパパシンポジウム

~改正育児介護休業法は男性の育休取得率向上の起爆剤になるか!?

6月30日から新しい育休法が施行されます。その行政・企業・家庭に与えるインパクト検証と日本の子育て環境改善に向けて、皆で話し合ってみませんか?

 

◇日時: 2010年6月29日(火)15:00~20:00(開場14:30)
◇会場: 女性と仕事の未来館東京都港区芝5-35-3 ※地図はこちら
◇対象: 一般および企業担当者など(定員240名) 
◇参加費: 無料 ※託児はありません。
◇主催: NPO法人ファザーリング・ジャパン
◇後援: 厚生労働省、子育て応援とうきょう会議、にっぽん子育て応援団、FQ JAPAN

◇シンポジウムのチラシはこちら(PDF) ※印刷してご利用ください

 

【プログラム・スケジュール】

15時00分 基調講演「イクメンでいこう!」

◆渥美 由喜(東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長)

 

15時45分 パネルディスカッション①~行政への提言 

◆コーディネーター 安藤哲也(FJ)
法を改正しただけで男性の育休取得率は改善するでしょうか。男性公務員の育休取得義務化はなるか、育児休業給付金の増額の必要性は?さらなる所得補償のため新たなる財源は何か、企業のワークライフバランス取り組みに対する税の優遇制度導入は?など、民間企業でも男性の育休取得を当たり前にするための政策についてディスカッションいたします。

◆パネラー 成澤廣修(文京区長)、山田正人(横浜市副市長)、山口正行(厚生労働省 雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課課長補佐)、大嶋寧子(みずほ総合研究所 政策調査部主任研究員)

 

16時50分 パネルディスカッション②~企業は何をすべきか? 

◆コーディネーター つかごしまなぶ(FJ)
有給休暇消化率すら50%を切るような日本の職場環境で、男性が育休取得を口に出すことは容易ではありません。しかし、育児介護休業法の改正前から男性の育児参画に積極的にサポートしてきた企業があります。男性の育児参画を促すことは会社にとってどんなメリットがあるのでしょうか、職場環境はどのように変わったのでしょうか、育児介護休業法の改正が与える企業へのインパクトとその方策は?日本が世界競争で生き残るための企業における次世代育成の在り方とは?など先駆的な企業の取り組みと今後の在り方について、ディスカッションいたします。

◆パネラー 中川荘一郎(髙島屋 人事部人事政策担当次長)、堀川佐渡(株式会社NTTデータ 人事部ダイバーシティ推進室)、中西拓司 (毎日新聞 生活報道部記者)、岩崎俊介(サービス業会社員)

 

17時50分 休憩  

◆スペシャルライブ にしむらなおと(FJ)

 

18時35分 さんきゅーパパプロジェクトのプレゼンテーション

 

18時45分 パネルディスカッション③~個人・家族の役割 

◆コーディネーター 小崎恭弘(FJ)
男性は仕事、女性は家事育児という男女役割分業意識がいまだに残る日本において育児休業のように男性が育児に専念しようとするには何が必要なのでしょうか。里帰り出産の弊害とパートナーシップの在り方、パパスイッチの入れ方、職場環境を変える個人の取り組み方法など、男性の育休取得向上のために、個人・家庭でもすぐにできるヒントやノウハウについ て育休経験パパたちがディスカッションいたします。
◆パネラー 内山勘一(高島屋 東京店営業推進担当課長)、仲木威雄(さわかみ投信 戦略企画部長)、白勢和道(地方公務員)、寺内義典(大学教員)、下村健一(市民メディア・アドバイザー)、清水 朋宏(FQ JAPAN発行人)

◆総合司会 藤森由佳(NPO法人キャリアレンジ代表)

 

★育休の取り方、指南します!

当日は会場別室にて「個別相談コーナー」を設置。FJの育休取得経験パパや社会保険労務士から、改正法の説明や育休取得のコツについて直接アドバイスを受けることもできるので、「育休取りたい!」という方はぜひこちらもご利用ください!

さんきゅーパパシンポジウムへの申込方法

こちらの申込フォームからお申込みください。

 

お問い合わせ・取材のお申込み

NPO法人ファザーリング・ジャパン

TEL/FAX: 050-8884-4252 MAIL:

さんきゅーパパプロジェクトとは

経済支援について

e-learning

シンポジウム

育休首長とトーク

さんきゅーメルマガ登録

さんきゅー賛同人一覧

協賛企業・団体一覧

イクメンプロジェクトサイト

サミットネットスーパー

Fathering Japan(ファザーリング・ジャパン)イクジイプロジェクト