分科会2

医療現場における子育ておよびワーク・ライフ・バランスの実例と検証

多忙とされる医療現場で、スタッフがどのように子育て、ワーク・ライフ・バランスを成立させるか、
鳥取大学医学部付属病院などでの事例を説明した上で、議論。

 

主催/NPO法人ファザーリング・ジャパン、NPO法人KiRALi、鳥取県

 

日時:
11月30日(金) 15:30~17:30
会場:
6F 第7会議室
 
コーディネーター:

徳倉康之(NPO法人ファザーリング・ジャパン事務局長) 
<プロフィール>
約10年間大手日用雑貨メーカーで広域量販法人営業を担当。
在職中男性職員として初めて09年に8ヶ月、11年に2ヶ月の育児休暇取得。
FJ会員を経て、FJ事務局に入局。 妻は常勤勤務医。

 

パネリスト:

山本明美(旭川医科大学復職・子育て・介護支援センター副センター長 准教授)  
山田七子(鳥取大学医学部附属病院ワークライフバランス支援センター副センター長 准教授)
小川美里(芳野病院 WLB&ダイバーシティ推進室)
坂谷貴司(自治医科大学 医師・研究者キャリア支援センターアドバイザー 准教授、NPO法人ファザーリング・ジャパン会員)

 

  写真
山本明美
(旭川医科大学復職・子育て・介護支援センター 副センター長 准教授
)
  写真
小川美里
(芳野病院 WLB&ダイバーシティ推進室)
  写真
坂谷貴司
(自治医科大学 医師・研究者 キャリア支援センターアドバイザー 准教授
  写真
徳倉康之
(NPO法人ファザーリング・
ジャパン事務局長)