分科会10

ママたちが元気になるために!
~ママとパパへの笑顔のヒント~

ママ達の「今とこれから」に必要なことは何かをプロジェクトの取り組みを通して提案。

 

マザーリングプロジェクトでは、ママの気持ちに寄り添い、ママが抱えている問題点を洗い出し、さまざまな方向からのアプローチを行っていきます。
FJとして、パパ目線からの、ママへの意識改革も積極的に行っていきたいと思っていいます。

分科会では、ママ達の「今とこれから」に必要なことを、参加者と共に、考えていきたいと思っています。

東京と千葉でスタートしている「ロールモデルカフェ」の実施報告の後、その後会場で、「ロールモデルカフェ体験会」も行う予定です。

当日は、おいしいロールケーキを食べ、地元の健康茶を飲みながら、語り合いましょう!
参加費は無料です!

 

主催/NPO法人ファザーリング・ジャパン

 

日時:
12月1日(土) 13:00~15:00
会場:
5F 第4会議室
 
コーディネーター:

高祖常子(マザーリングプロジェクトリーダー)
<プロフィール>
子育てアドバイザー。育児情報誌「miku」編集長、WEBサイト「こそだて」編集長、オールアバウト「子育て」ガイド、NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク「オレンジリボン」理事、虐待防止のための「子育て・女性健康支援センター」事業推進委員会(社団法人日本助産師会)委員、にっぽん子育て応援団 運営委員ほか。
NPO活動や、育児情報誌の編集・執筆、講演などを通して、親としてのあり方、親子の関わり、ポジティブな子育てについて伝えている。3児の母。

 

パネリスト:

林田香織(ロジカル・ペアレンティングLLP代表)

<プロフィール>
1996年熊本県立大学卒(日本語・日本文学学士)、1999年米国Brigham Young Universityにて修士号取得(Second Language Acquisition MA /TESOL Graduate Cert.)。

米国の教育機関で言語コミュニケーション教育に長年にわたり従事。 アメリカの小、中、高校、大学を始め、様々な日本語コミュニケーションプログラムの構築にも携わる。
結婚後、日本とアメリカの両方で出産と子育てを経験。
三人の男児の子育ての傍ら、米国にてパートナーシップ、ペアレンティングについて学び、後にファシリテーターの資格を取得。また、さまざまな国籍の家族との交流から多様な子育て文化を学ぶ。
2008年に帰国後、関東地区を中心にパートナーシップ&ペアレンティングコンサルタントとして独立。自治体、NPO等が主催する講座の講師を多数務めると同時に母親支援活動「ママコミュサロン」を立ち上げ、母親の気持ちのケア&自己実現のサポートも行っている。FJマザーリングプロジェクトメンバー。


二宮亜矢子(NPO法人KiRALi副代表理事)

<プロフィール>
1980年生まれ。京都出身・鳥取在住歴 13年。
バレーボール奮闘中の長男(12歳)、サッカー奮闘中の次男(10歳)の2児の母。
ワーク・ライフ・バランスコンサルタントとして活動中。

 

くさのまり(Family Labo主宰)

<プロフィール>
ファイナンシャルプランナー。キッズマネーステーション認定講師。
大学卒業後、都市銀行に就職。
しかしながら、夫の転勤、妊娠が重なり退職、専業主婦に。
埼玉にて子育てしながら、自分のやりたいことを模索中に、

マザーリングプロジェクト始動さきがけとなる女子会にて、たくさんの勇気とアドバ イスをもらう。
夫の転職を機に地元の大阪に戻り、起業を決意。
元銀行員の経験を生かし、子どもたちやパパママ向けにお金の大切さを楽しく伝えている。
『お金と向き合うことは、自分の人生や夢と向き合うことでもある』をモットーに活動中。二児の母。
マザーリングプロジェクト関西メンバー・コヂカラ・ニッポン会員。

 

  写真
高祖常子
(マザーリングプロジェクトリーダー)
  写真
林田香織
(ロジカル・ペアレンティングLLP代表)
  写真
二宮亜矢子
(NPO法人KiRALi副代表理事)
  写真
くさのまり
(Family Labo主宰)